治療に迷ったときは当院にご相談ください

治療に迷ったときは当院にご相談ください

歯科に限らず医療の世界では、かかりつけ以外の医師に診断結果や治療法について意見を求める「セカンドオピニオン」が行われています。患者様にとっては、セカンドオピニオンを求めることで治療の選択肢が増え、本当に納得したうえで治療に臨むことができるようになります。

東京・八重洲の「東京デンタルケアセンター」では、他院にかかっている患者様のセカンドオピニオンとしても対応させていただきます。どうぞお気軽にご来院ください。

よくあるお悩み

銀歯を白くて目立たないものに取り替えたい

銀歯を白くて目立たないものに取り替えたい

お口の中の銀歯がコンプレックスで、笑顔が曇りがちになってはいませんか? そんな方には銀歯からセラミックスへの取り替えがおすすめです。天然の歯と見間違えるほど自然で美しく、虫歯の再発率も銀歯と比べると格段に低くなります。汚れが付きにくいことから、長い間きれいに保てるのも嬉しいポイントです。

前歯が欠けた・割れた

前歯が欠けた・割れた

前歯が大きく欠けたり割れたりした場合、差し歯が一般的な治療法です。しかし欠けや割れの範囲が小さい場合には、つけ爪のようなセラミックスのチップ(ラミネートベニア)を歯の表面に貼り付ける治療が可能です。審美性が高く、天然歯になじみやすいので、見た目の違和感もほとんどありません。

前歯が変色している

前歯が変色している

何かの拍子に歯をぶつけたことなどが原因で、歯の神経が死に、全体が黒ずんでしまうことがあります。当センターでは主な治療法として、ラミネートベニア(歯の表面にセラミックスチップを貼り付ける)、セラミックスクラウン(セラミックスの被せ物をする)をご提案しています。

ホワイトニングで白くならない

ホワイトニングで白くならない

永久歯の形成期に、特定の抗生物質を長期間飲んでいたり、熱性の疾患にかかったりしたことがある場合に、歯の根元がグレーや茶色に変色してしまうことがあります。着色がひどいケースについては、ホワイトニングではなかなか効果が出ないため、ラミネートベニアやセラミックスクラウンでの治療をおすすめすることもあります。

歯ぐきが黒ずんでいる

歯ぐきが黒ずんでいる

保険適用の差し歯は内側に金属の素材を使用しているため、時間の経過とともに金属イオンが溶けだし、歯ぐきが黒ずんでしまうことがあります。このようなケースでは金属の土台をファイバーコアに変更します。

被せ物が変色している

被せ物が変色している

保険適用の差し歯は安く済む分、傷つきやすく、時間の経過とともに黄色く変色してしまいます。周りの歯との色の違いは一目瞭然。差し歯だけが不自然に目立ってしまいがちです。

また内側に金属を使用しているため少しずつ金属イオンが溶けだし、金属アレルギーを引き起こす恐れもあります。見た目も自然で、長持ちするのはやはりセラミックスの差し歯です。検討するだけの価値は十分あります。当センターのセラミックスは低価格、高品質が自慢です。ご興味のある方はぜひご相談ください。

医院情報について知りたい方はこちらから